春日部市の葬儀会社・葬儀場・火葬場を探す

春日部市について

高度経済成長以来、東京のベッドタウンとして人口増加の一途を辿ってきたが、ここ数年はいわゆる「都心回帰」現象により転出超過数が自然増加数でまかないきれなくなっており、減少に転じている。
2008年4月1日より、特例市に移行した。

春日部市の葬儀会社・葬儀場・火葬場一覧

  • 埼葛斎場

    埼玉県東部の中心的な斎場

    24H受付霊安室あり待合室ありバリアフリー公営斎場

    埼葛斎場
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市内牧1431
    アクセス
    東武鉄道「春日部駅」から3.5km 車で10分
  • 埼葛斎場(火葬場)

    春日部市・蓮田市・白岡市・杉戸町で運営する公営斎場

    霊安室あり待合室あり公営斎場

    埼葛斎場(火葬場)
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市内牧1431
    アクセス
    東武鉄道「春日部駅」から3.5km
  • 東冠メモリアル春日部

    霊安室あり互助会

    東冠メモリアル春日部
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市中央2-18-4
  • さがみ典礼・春日部葬斎センター

    24H受付互助会

    さがみ典礼・春日部葬斎センター
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市浜川戸2-9-10
    アクセス
    (電車)東武野田線八木崎駅より徒歩5分 (車)大宮方面国道16号線 浜川戸右折 一本目十字路左折
  • あすかホール

    埼葛火葬場前の葬儀社「あすかホール」

    24H受付霊安室あり

    あすかホール
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市新方袋1160-1
    アクセス
    東武野田線・伊勢崎線から車で約10分
  • 株式会社花勝葬祭・庄和支店

    24H受付

    株式会社花勝葬祭・庄和支店
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市新宿新田327−43
    アクセス
    最寄駅東武野田線南桜井駅
  • 東陽寺

    松尾芭蕉も宿泊した曹洞宗のお寺

    宿泊可能寺院斎場

    東陽寺
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市粕壁東2-12-20
    アクセス
    東武伊勢崎線「春日部駅」から徒歩15分
  • メモリアルホール武里

    霊安室あり

    準備中
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県春日部市大場990-6
    アクセス
    東武伊勢崎線 武里駅西口から徒歩3分

春日部市の葬儀会社・葬儀場・火葬場の口コミ

  • 親身になってご対応いただきました。

    さんのイメージ
    匿名さん
    総合評価
    3.67
    担当者対応
    4
    飾り付け
    4
    料金設定
    3

    突然の事だったので頭の中は真っ白になったのですが、丁寧に金額を提示していただき、納得いく葬儀ができました。小さいながらも温かみのあるお葬式で、みんなで母を送ることが出来ました。わからないことも優しく教えてくれる葬儀社さんでした。

お葬式コラム

春日部市の歴史

現地を起源とする鎌倉時代の武家・春日部氏に因み、現在の表記に改められましたが、春日部という地名自体は、春日部氏登場以前から存在をしており、江戸時代には日光街道の宿場町としてにぎわいをみせていたといわれる春日部市。

市としての発展を歴史から振り返ります。

かつて春日部周辺は内牧や花積の台地を残し、低地には海が入り込んでいましたが、紀元前三年には海岸線は後退してゆき、人々は古隅田川・古利根川沿いで生活をするようになりました。
その歴史の痕跡として、内牧地区~南埼玉郡地域で大きな群集墳、塚内古墳群が見つかっています。
古墳時代から奈良時代にかけては古隅田川を境に、下総国と武蔵国に分かれていました。
川沿いには古道も通っており、「在原業平の東下り」や「梅若伝説」など数々の古隅田川にまつわる伝承が伝わっています。

平安時代、市域では春日部氏一族が台頭し、徐々に勢力を強めていきます。
有力氏族だった春日部氏の館跡とされる浜川戸遺跡では、館の堀跡や建物の柱跡、多くの磁器・陶器が見つかっています。

戦国時代には、岩付太田氏の支配下となり、その後岩付領へと組み込まれました。
しかし、天正18年豊臣秀吉の関東攻略によって岩付城は落城し、春日部周辺も戦乱で荒廃しました。

江戸時代になり、五街道が整備されると、日光道中が通っていた市域では粕壁宿が置かれ、発展していきました。
粕壁宿は奥羽方面と江戸を結ぶ宿場町として賑わい、東北地方の大名や旅人、そして松尾芭蕉をはじめとする文人や学者などが立ち寄ったといわれています。
また、それに連なるように大規模な新田開発や古利根川の堤防の整備も行われたことなどから、水運の拠点としても栄えていきました。

明治時代に入ると廃藩置県が行われ、市域は埼玉県の管轄下へ入りました。
江戸時代に数多く見られた旅館もわずかとなり、それに代わるように織物、穀物商、麦ワラ帽子製造業などが現れ、商業のまちへと変遷していきます。
北千住から久喜まで鉄道が敷かれ、粕壁駅の誕生後は町を走る東武鉄道が重要な交通機関となり、さらに総武鉄道(現在の東武野田線)も通ったことで、春日部は経済的に大きく飛躍しました。

1944年、粕壁町、内牧村の合併で「春日部町」となり、終戦後の1954年、春日部町・豊春村・武里村・幸松村・豊野村の1町4村が合併し「春日部市」が誕生しました。
それから地下鉄の便や国道16号開通などにより、県東部地域の中心都市として成長を遂げてゆきました。

春日部市の葬儀事情

現在は20万人を超える特例市となった春日部市。
春日部市の方が葬儀をおこなう場合、埼葛斎場を利用する事が多い傾向が多いです。
古利根川の歴史ある深い清流に様々な思いを馳せながら故人を偲んできたのでしょう。
葬儀を行われる際は「偲ぶ」お気持ちを大切に、そして「尊ぶ」お気持ちを忘れずに、お送りいたしましょう。

最大限の愛や情を故人に伝えていけるよう、当サイト「埼玉お葬式窓口」では、できる限りのお手伝いをしていきます。
当サイト「埼玉お葬式窓口」では、できる限りのお手伝いをしていきます。
各葬儀社ガイドからサポート役である葬儀社をお選びになることをおすすめしています。

お葬式まめ事典

葬儀のご相談・無料お見積りは