深谷市の葬儀会社・葬儀場・火葬場を探す

深谷市の概要

江戸時代以降中山道の宿場(深谷宿)が置かれ、宿場町として発展してゆきました。
現在は県下有数の農業地帯で、全国的にも知名度の高い、深谷ねぎは日本一の出荷量を誇ります。

深谷市の葬儀会社・葬儀場・火葬場一覧

  • ルミエール椿

    女性スタッフが多くきめ細やかなサービスができる葬儀社

    24H受付

    ルミエール椿
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県深谷市原郷2151-34
    アクセス
    JR深谷駅から徒歩30分
  • メモリアルホール岡部

    24H受付

    メモリアルホール岡部
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県深谷市山河1288番地1号
    アクセス
    JR高崎線岡部駅よりタクシーで3分
  • さいたまセレモニーホール深谷

    駐車300台可能の大型斎場

    24H受付霊安室あり宿泊可能

    さいたまセレモニーホール深谷
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県深谷市上柴町東3-14-1
    アクセス
    JR高崎線深谷駅・籠原駅から車で10分
  • 有限会社岡部葬祭

    24H受付寝台車あり

    有限会社岡部葬祭
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県深谷市山河1288-1
    アクセス
    Jr高崎線岡部駅タクシーで3分
  • JAアグリホールかごはら

    JA葬祭センターが運営する式場

    宿泊可能

    準備中
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県深谷市幡羅町1丁目8−24
    アクセス
    JR高崎線「籠原駅」下車タクシーにて5分
  • 深丘園(火葬場)

    深谷市で運営する公営斎場

    霊安室あり待合室あり公営斎場

    深丘園(火葬場)
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県深谷市山河397番地1
    アクセス
    JR岡部駅から3km タクシーで10分
  • 深丘園

    深谷市営の公営斎場

    霊安室あり待合室あり公営斎場

    深丘園
    口コミ評価
    0.00
    所在地
    埼玉県深谷市山河397番地1
    アクセス
    JR岡部駅から3km タクシーで10分

お葬式コラム

深谷市ゆかりの偉人達

深谷市は、近代日本経済の礎を築いた渋沢栄一をはじめとし、現在でも知られる偉人の生誕の地としても有名です。
ここで、日本人の心にに未だ強くその名を残す深谷市出身の偉人をご紹介していきましょう。

鎌倉武士の模範とされた武将
◇畠山重忠

畠山重忠は1164(長寛2)年、武蔵国男衾郡(おぶすまごおり)畠山荘(現在の深谷市畠山)に生まれました。
その強き意思と数多くの戦功から、鎌倉武士の模範と讃えられた武将と言われておりました。
重忠の先祖は秩父地方に大きな勢力を持つ秩父氏で、父・畠山重能(しげよし)の代に畠山へ移り住んだため、その地名を姓として名乗りました。
源平合戦での重忠の活躍ぶりは、数々のエピソードが残されています。
現在も歌舞伎や浄瑠璃などの題材にもなっており後世にも伝えられ、大いに尊敬の念を集めています。

畠山重忠公ゆかりの地

畠山重忠公史跡公園
畠山にある畠山重忠の館跡で、現在は公園として整備されています。
園内には重忠とその家臣の墓と言われている五輪塔があり、他に重忠産湯の井戸と伝えられる井戸や重忠公の銅像などがあります。

近代日本経済の父
◇渋沢栄一
近代日本経済の中でも非常に強く関わり、現在もなお多くの人々の尊敬を集める渋沢氏は、天保11年(1840年)に深谷市の農家に生まれました。

慶応3年(1867)、第15代将軍徳川慶喜の名代徳川昭武に随行して渡仏し、ヨーロッパの思想・文化・社会などに大きな影響を受けました。
帰国後は明治新政府の大蔵省に仕えますが、大久保利通らと意見が合わずに辞職し、以後、実業界の最高指導者として大きな足跡を残しました。
論語の精神を重んじた渋沢氏は、各種産業の育成と500もの近代企業の確立に努め、養育院や孤児院など600を越す社会公共事業に携わり、救護法の制定などにも尽力しました。

渋沢氏ゆかりの地

◎渋沢栄一生地(中の家)
渋沢家の住宅等として使われてたもので、通称として「中の家(なかんち)」と呼ばれています。
昭和58年からは「学校法人青淵塾渋沢国際学園」の学校施設として使用され、多くの外国人留学生がこの地で学びました。
平成12年、同法人の解散に伴い深谷市に帰属し、現在に至っています。
◎渋沢栄一記念館
平成7年(1995)11月11日(栄一翁の祥月命日)に開館しました。館内の渋沢栄一資料室には、栄一翁の遺墨や写真などたくさんの資料が展示されています。
◎誠之堂
大正5年(1916)に渋沢栄一の喜寿を記念して建設されました。その後、取り壊しの危機に見舞われましたが、平成11年に東京都世田谷区から移築されました。

近代児童文学の代表的女性作家
◇北川千代
大正から昭和期を代表する児童文学の女性作家である北川千代は明治27年(1894年)にその生を受けました。
女学校に入学したころから雑誌などに投稿し、文学活動を始めるようになりました。
そして、社会主義婦人団体の「赤瀾会(せきらんかい)」に参加するなど、女性の自立を求めて活動を始める他、娼妓解放支援などの社会運動に参加する中で、社会的矛盾を直視した作品を多く発表します。
その業績を記念し、昭和44年には日本児童文学者協会によって「北川千代賞」が創設されました。
「雪の日」「らっきょう」「汽車の婆の話」には、彼女の自叙伝としての深谷の思い出が描かれています。

◇◇◇◇◇◇◇

偉人たちは長い日本の歴史の中で様々な功績、そして偉業を成し遂げてきました。
ですが、その歴史の中にはこの日本に住む全ての人たちの生活の営みがあり、そして現在に至るのです。
それは今こうしてここにいる我々もその一員であり、歴史の中の一年、一日とその時間を刻み続けてきています。
ご葬儀の際は、その方の今まで歴史に、そして心の中に刻んできた日々を胸に、最高の形でお送りいたしましょう。

温かく心の込もったご葬儀をしていただけるよう、当サイト「埼玉お葬式窓口」ではご葬儀でお困りの方に最大限のお手伝いをしてまいります。
地域でお探しの方は各葬儀社ガイドからサポート役である葬儀社をお選びになることをおすすめしています。

お葬式まめ事典

葬儀のご相談・無料お見積りは